お客さまの声

「今の私」を認めて、楽しめるようになっていきたいなぁと思います

お客さまの声

前回に引き続き、ココロノマルシェの回答に頂いた感想をご紹介します!

私がココロノマルシェで回答するご相談を選ぶのは、ほとんど「なんとなく」なんですが、無意識に同じ方の質問に答えることがあるんですね。

今回もそのパターンでしたが、きっと波長のようなものが合うとか、「この人の質問に答えたい!」と思わせる何かがあるんでしょうね。これって、ほんと不思議です。

感想を頂いた回答はこちら↓↓

【ココロノマルシェ】年を重ねるって、そんなに悪い事じゃない
...

年齢についての質問に、回答ありがとうございました!
アカツキ、再びです(^_^;)

件の男友達は、以前から「好意があるのはそちらでは?」と思われる言動があり、今回の件もある意味投影なのではと思いました。(男友達が好意があるから、私の言動もそう見える)

それでもまあ、年上カンベンな!と言うなら、こちらも引いて差し上げましょう(微笑)と、心理的にも距離を置いてました。

ヤツはロックマンの気配がありましたが、野良猫もあったみたいで、距離を置いたとたん、なついてきました。

あー、ハイハイと息子に接するようにあしらっております。(ホントにウチの中学男子と言動が似てる…)

本題の年齢についてですが、先のダイエットにも絡みますが、太る事は加齢にもイメージが繋がっていて、醜くなるイメージなのです。

究極に言えば、いつまでもこのままでいたいという気持ちがあります。

自分の積み重ねた年齢というより、50歳、60歳という年齢を恐れる気持ちが強いのです。

そういう意味では、根本先生も言ってますが「今」を見てないのですね…。

ダイエットでもそうでしたが、「今の私」を認めて、楽しめるように、なっていきたいなぁと思います。

年齢をあれこれ言うやつには、
「はあ?お子ちゃまは、ミルクでも飲んでなさいね〜(微笑)」
なんて言えるように、自己肯定感爆アゲしていきます!

回答の最初の方、私よりも怒ってくださってありがとうございます!
そっか、怒っていいんだ!そうだよね!
ととても励まされました!

ホントにありがとうございましたー!

(アカツキさん)

加齢を気にしたり、痩せたいと思ったり、そういう気持ちがある自体、すごく美意識が高いってことだと思うんですよね。それって、女性らしい向上心で、とても素敵なことだと思います。

つまり、女性が美しくあろうと努力する姿って、それだけでもすごく美しいものだと思うんですね^^

なので、その気持ちがネガティブに自分を否定する要因になってしまってはもったいない!

もちろん、加齢による見た目の変化はどうすることもできませんが、それがイコール「醜さ」ではないわけで、そこはやはり自分の捉え方次第なのだと思います。

ま、つまり「自己肯定」しなはれ~って話で完結しちゃいますが。(いつもの話ですみません)

この世の基本は「諸行無常」。

いつまでも同じということがあり得ない世界で、変化が付き物なのだとしたら、その変化の中に、できる限りポジティブな側面を探し続けていたいですよね。

それは、きっと年齢も同じことで。年をとって失うものも確かにあるかもしれないけれどそこには絶対に、年を取ったからこそ得たものがあるはずなんです。

これから、50代、60代となっていく中で、いつでも自分の成長分を見てあげられる自分でいられるといいなぁと、私自身も思っています。

お互いに、ステキな年の重ね方をしていきましょう!

そして、あれこれ言う輩には、モナリザの微笑みで、液体ミルクを投げつけられるくらいの自己肯定感を保てるといいですよね♪

ご相談、ありがとうございました!(また、待ってまーす♡笑)

*********************

自分の気持ちを見失いやすい心優しいあなたが、自分らしさを思い出すお手伝いをしています。(現在は、メールカウンセリングのみ受け付けております。)

カウンセリングメニューはこちらから

根本裕幸の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、あなたの相談にお答えします!

ココロノマルシェはこちら

サトヒに直接お悩み相談してみたい方も、両手を広げてお待ちしております!(回答へのご意見・ご感想もこちらからどうぞ)

お悩み相談室はこちら

いいね! この記事が気に入ったらいいね!お願いします。
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました