お知らせ

カウンセリング体験会ありがとうございました♡

お知らせ

以前よりお知らせしておりました、「ココロノマルシェ カウンセリング体験会」ですが、盛況のうちに閉幕いたしました!

ご来場頂いたみなさま、本当にありがとうございました!

私は、おかげさまで用意したセッション枠全てご予約頂き、満席御礼だったのですが、イベントの間、なんの滞りも問題もなくスムーズに、セッションに集中することができたのは、一重に事前準備段階から、入念な試行錯誤とシミュレーションを重ねてきてくれた、スタッフメンバーのおかげだと思っています。

この場を借りて、改めてお礼を伝えたいです!本当にありがとうございました!

ちなみに、こちらはお師匠様のブログ。他のカウンセラーの御礼ブログへのリンクもまとまってます!

もう、自分でしか生きられない

今回、4人の方にお話を聞かせて頂いて、強く感じたのは

「もう嘘がつけない時代になっている」

ということでした。

ご相談頂いた内容は、それぞれ別だったにも関わらず、共通して私が感じたテーマは

「もう、本当の自分としてしか生きられない局面を迎えているんだな。」

ということ。それはもちろん、私自身へのメッセージなのかもしれないけれど。(笑)

これまで被ってきたイイコちゃんの仮面だったり、こうあるべき自分だったり、誰かの期待に応えようとする自分だったり、外側に自分の価値を見出そうとする自分だったり、そういうのが、もう通用しなくなってきているというか。

自分じゃない自分として生きようとすればするほど、どんどん本質的な自分と、今の自分がずれていってしまって、それを「生き辛さ」として感じる。それに、もう我慢できなくなってきている。

それってつまり、本質的な自分、本当の自分として、生きる準備ができてきたということでもあると思うのです。

自分がやりかったこと

自分に合うこと

自分にとって自然なこと

自分らしいと感じられること

そういうことの一つ一つを思い出しながら、そんな本当の自分を覆い隠してきた「自分じゃないもの」を脱ぎ去る時が来ている。

それは、さっきの逆で

自分のやりたくないこと

自分に合わないこと

自分にとって自然じゃないこと

自分らしくないこと

を手放すということ。

そのために、実は自分の潜在意識レベルで、自分自身で変化を起こしているんじゃないか?とも思うのです。

今、目の前に起こっていることは、思考レベルではとても辛いことかもしれません。

「どうしてこんな風になっちゃうの?」

「今まで頑張ってきたのに、どうしてうまくいかないの?」

「これから、どうなっちゃうの?」

自分が大切にされてないような気がして、もどかしさや、寂しさ、不安、時には絶望的な気分にすらなることもあるでしょう。

でも、それはきっと、「私がいる場所は、もうここじゃない」って、自分自身が心のどこかで気づいているからこそ起こることなのではないですか?

今までのやり方で、周りの空気を読んで、それなりに合わせて、やりたくなくてもできることをやり続けて、迷惑をかけないように、ワガママを言わないように、自分じゃない誰かのために頑張り続けるのは、もう卒業で。

本当の自分の価値を認めて

ありのままの自分の素晴らしさに気付いて

本当の自分として、自分の人生を生きたいと思う自分がいる。

そんな自分の潜在的な願いに対し、「もう、自分らしく生きても大丈夫だよ」っていう神様からのサインとして、変化が起きるのだと思います。

だから、全部完璧なんです。

「起こることは、すべて完璧」

私が、昔人生どん底で、毎日しんどくて辛かった時、潜在意識の仕組みを学んだ中で知った言葉です。

その当時は、全くそんな風に思えませんでした。

思考的な自分だけが、自分だと思い込んでいたから。

私が思考レベルで望んでいることは、全く起きてくれなかったし、自分にとっては辛い事ばかりだったから。

でも、それはその当時の自分にとって、潜在意識的な自己イメージにふさわしい出来事であり、そうあるべき出来事だったのだと思います。

だから、やっぱり自作自演。

起こる出来事から、自分が潜在的にどんなことに意識を向けているのかを、逆説的に知ることもできるわけです。

出来事は、いつだって本当の自分を思い出させるきっかけでしかないのです。

長い目で見れば、あの経験には全て意味があったし、その経験を通じた今だからこそ、わかること、伝えられることがたくさんある。

それもまた、もっと深い部分の自分が望んだ経験だったのだと、今はそう思えるようにもなりました。(当時は死にたいくらい、しんどかったけどね!)

無責任に、「大丈夫!」なんてことは言えないけれど、でもきっと、目の前の不安や怖れを乗り越えて、勇気を出して「本当の自分で生きる」ことを選べたなら

それをちゃんと、バックアップしてくれるような流れが、自然にやってくるはずだと思うのです。

だからやっぱり、「大丈夫」なんじゃないかなぁ?

私のカウンセリングを通じて、少しでもそんな風に思うことができたら、それは私の本望です。

なんだか、抽象的な話になってしまいましたが、今回の体験会で、私自身もたくさんの気付きを得られました!

受けてくださったクライアントさんからも、温かいメッセージを頂きましたので(涙なしでは読めない…)、それは改めて紹介させて頂きたいと思います♪

素晴らしい機会を作ってくださった師匠、来てくださった皆様、貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました!

いいね!3いいね!されています。
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました