お金ココロノマルシェ自己肯定感

【ココロノマルシェ】そのお金は、何の象徴?

お金

【ほんとはバリバリ稼ぐ自営業になりたいのですが、お金のことが苦手です】

私がよく書く話ではありますが、お金の問題って、意外とお金じゃないところにつながっているものです。お金って、物理的に見えやすいので、人の心を色々と投影するものなんですね。

もし、「お金」が「将来の不安」の象徴なのだとしたら、自分を信頼することで、自然と向き合えるようになるのかもしれません。

******************

ココロノマルシェにご相談頂いた内容に回答しています!

ほんとはバリバリ稼ぐ自営業になりたいのですが、お金のことが苦手です
40代 バツイチ、一人暮らし、女性。自営業を10年ほどしております。 今日はお金のこと相談させてください。 い

40代 バツイチ、一人暮らし、女性。自営業を10年ほどしております。今日はお金のこと相談させてください。

いい年をして、とよく思いますが、お金の話が苦手です。

高齢の母に対しても同様で、お金のこと話題になる度「いいから、いいから」と話題をかえるほどです。

大きい金額は勿論、少額でも同様です。

テレビで消費税増税とか、過払い金のCM、年金の話題も、アレルギーがでそうなほどに嫌いです。

自営業ですが、はっきりいって、ここ数年あまり稼いでおりません。

一人暮らしなのをいいことに、生活を縮小させることで対処してきました。

ほんとはバリバリ稼ぐ自営業になりたいのですが。

両親は自営ですし、周囲も自営が多いので、自営業というのは、自分の裁量がきく働きかたとして気に入っております。

会社員として大卒以降いろんな会社に勤めてきました。

でも、人間関係だったり、セクハラにあったりで転職回数は多く、我慢しない働き方ということで自営を選びました。

…恥ずかしい話をします。

お金に関する書類は部屋に放置されています。読みたくないんです。だから、うっかりミスも多く、今日もカードの督促連絡が来ました(すぐ振り込みました。落ち込んでます)

いま決して手元にお金がない訳ではありません。

でも将来が不安ですし、不安を見たくない気持ちが大きいです。

かいつまんでまとめましたが、伝わりますでしょうか?

根本さんのメルマガを読んでいて、世の40代女性はパワフルで、恋愛や結婚生活で悩んでいるのに、私ときたら・・・と落ち込むこともありますが、まずはしっかりとした経済生活をしたいです。

また結婚したいと思うこともありますが、それは不安を解消したいだけなのでコンカツは辞めました。

一人は寂しいときもありますが、どこまでも気楽です。

わたしの状況、不安伝わっていますでしょうか。

どうしてこうも稼ぐことに臆病なのか、心理的に解き明かしていただく、そしてアドバイスをいただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします!

(AIさん)

「自分らしさ」をとことん追求する、ライフワーク研究家サトヒです!

私がよく書く話ではありますが、お金の問題って、意外とお金じゃないところにつながっているものです。

お金って、物理的に見えやすいので、人の心を色々と投影するものなんですね。

ある人にとっては、お金は「自由」や「安心」の象徴だったり、「人を狂わせるもの」だったり、「無いと生きていけないもの」だったり、AIさんのように「見たくないもの」ということもあるでしょう。

それぞれの人の価値観や、隠された思いをストレートに表面化させるのがお金だと思っています。

で、AIさんの不安…

「お金の話が苦手!とにかく話すのも見るのも嫌!」

ということですが、督促がきてもすぐ払えるお金はあるし、自営業を10年も続けられる稼ぎもあるしで、今すぐどうこうなってしまうという状況ではないわけですよね。

となると

>でも将来が不安ですし、不安を見たくない気持ちが大きいです。

とAIさんが書いていらっしゃるように、お金の問題=将来の不安に結びついてしまっているのかな、と感じました。

自分の将来がどうなるかわからない、それを直視する勇気がない、向き合いたくない。

怖くて怖くてしょうがないから、今はとりあえず考えたくない。

だから、その象徴である「お金」のことも、すみっこの方にやって、見えないところに追いやりたい。

消費税増税だったり、過払い金(借金)だったり、年金問題だったりも、AIさんの将来への不安をかき立てる社会問題なのかもしれません。

お金の話を聞くたびに、自分の将来のことを思い出して、不安になってしまう。

だから、見たり聞いたりしたくないと思ってしまう。

そんな状態なのかな?と、勝手ながら推測してみました。

以前、お金についてこんな話も書いたので、参考にしてみてください。

その不安を掘り下げてみたら…

では、どうしてAIさんはそんなに不安を感じているのでしょう?

どうなっちゃうのが一番不安なのでしょう?

私も心配性で不安が強いタイプだったのですが、なぜかわからないけど「のたれ死ぬ」のが怖くてしょうがなくて、常に未来を不安視していた時期があります。

でも、冷静に考えてみれば、この現代日本において「のたれ死ぬ」って、なかなか難しいことらしいのです。(笑)

そんなに簡単に、人はのたれ死なないらしい…

私は、本気でそう思ってたんですけどねえ・・・。こうして文字に書いてみると、ちょっと客観視して笑えますが。(笑)

このように、不安の正体って、意外と漠然としているものです。

逆に、正体がわからないからこそ不安、ということもあるのかもしれません。

だとすれば、一度目を見開いて、その「不安」という名のお化けの正体を、暴いてみることもオススメだったりします。

なぜなら、実体の無いお化けのせいで、今目の前のことを楽しめず、不安の中で生きていかなければいけないなんて、すごくもったいないことだと思うからです。

なぜ、そんなにもAIさんが不安を感じるようになってしまったのかと言えば、もしかしたら、お母さんが心配性で、小さい頃から常に「心配」や「不安」の声を聞かされてきたせいなのかもしれません。

ご両親が自営ということで、ご実家の経済的な紆余曲折を傍目で見ながら、成長過程で不安を感じることが多かったせいかもしれません。

お金に対する価値観は、親の影響をかなり受けるものですので、改めて思い返してみると、今の自分のお金に対して感じている気持ちが、実は自分のものではなく親のものだった、ということに気付くことも多々あるものです。

その不安の原因を探っていくと、今感じている将来の不安の原点が、意外なところで見つかったりするかもしれません。

将来の不安=自己信頼の欠如

ちなみに、私も「お金の不安」を根本先生に相談したことがあったのですが、その時言われて印象に残った言葉があります。

「ホリエモンが全財産を無くしても、全然ビビってないのは、自分が稼げることを知ってるからだよ」

そう、結局のところ未来が不安になるのは、「どうにかなる」と思えない、つまり「自分がどうにかできる」と思えない、自己信頼の欠如が原因だったりするんですね。

AIさんはどうでしょう?

もし、何かあって、どうしようもない境地に陥ったとき、自分がどうにかする、自分ならどうにかできるって思えるでしょうか?

そこが、不安に対抗するための、一番の要なんだと思うのです。

「お金」が「将来の不安」の象徴なのだとしたら、自分を信頼することで、自然と向き合えるようになるのかもしれません。

じゃぁ、自分を信頼するってどういうこと?というと、それにはいつもの話で耳タコかもしれませんが、「自己肯定感」というのが土台になるわけです。

ダメだと思っている自分にOKを出すこと。

お金を見たくないなら、それはそれでしゃーないんです。

将来が不安なら、それはそれでしゃーないんです。

その不安な気持ちはマルっと受け止めた上で、「じゃぁ、自分はどうしたいんだろう?」ということを考えてみて欲しいのです。

そして、自分にないものではなく、あるものを見ること。

人間誰しも、放っておけば無意識に「ネガティブ」に目が向くものらしいのです。

だから、あえて自分や物事の「ポジティブ」な面を探す必要があるのだそうです。

なんだかんだいっても、払おうと思えば払えるお金があること。

10年も自営業を続けながら、お金を稼いでこれたこと。

生活を縮小しながらでも、毎日普通に生活を送れる環境があること。

そういった、お金があったからこそ得られた恩恵に目を向けてみてください。

そして、それを生み出せたのは、他の誰でもなくAIさんだったことを、思い出しましょう^^

そうやって、少しずつ自分の価値や能力を認めていくことで、「こんな私でもどうにかなるかな?」と思えたらしめたもの。

Amebloで、自己価値を高める方法についての考察を書いたので、そちらも参考にしてみてください!

自分の力を信頼することで、将来の不安が少なくなっていけば、その結果として、不安の象徴である「お金」との向き合い方も、自然と変わっていくはずなんですね。

これまでやってきたこと、手に入れてきたこと、身の回りにあるものに目を向け、感謝して、「バリバリ稼ぐ自営業をやっている自分」を遠慮なく、堂々とイメージできるように、自分の内面を整えてみてください♪

AIさんが自分らしく、楽しくお金と付き合っていけることを、心から祈っています!

*********************

自分の気持ちを見失いやすい心優しいあなたが、自分らしさを思い出すお手伝いをしています。

カウンセリングメニューはこちらから

根本裕幸の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、あなたの相談にお答えします!

ココロノマルシェはこちら

サトヒに直接お悩み相談してみたい方も、両手を広げてお待ちしております!(回答へのご意見・ご感想もこちらからどうぞ)

お悩み相談室はこちら

いいね! この記事が気に入ったらいいね!お願いします。
読み込み中...

コメント

  1. AI より:

    さとひ様

    こんにちは。AIです。
    回答をありがとうございます!!!

    回答読んだだけで、不安のゲージが10から7、いえ5くらいに下がりました。なんだかほっとしました。

    ・・・わりと、周囲におせっかいな人がいて、
    「あんた、ヒトリで今後どうするの?!」みたいなことを言われるのが、正直いって堪えます。
    人のネガティブな意見に影響されやすいのだと思います。
    本来のわたしは楽天的なのに。

    >その不安な気持ちはマルっと受け止めた上で、「じゃぁ、自分はどう>したいんだろう?」ということを考えてみて欲しいのです。

    不安を感じてもよい、とわたしは理解しました。
    不安を受け止めた上でじゃあどうする、ワタシ??

    ええ、お金の恩恵は沢山受けてきました。
    やりたいことは大体やってきました。
    いまの自営の仕事もそのひとつです。

    まだ、自分やれるじゃん、という境地には遠いのですが、
    まずはあるものに目を向けてみます。

    不思議ですね。自分の不安をさとひ先生に受け止めてもらえただけで、
    ほっとしました。
    文章でこの不安がつたわるか案じていましたが、杞憂でした。

    さとひ先生のコラム読んで勉強します。
    お目にかかる機会があればいいなあ、と思っております。

    この度はほんとうにありがとうございました!

    • サトヒ サトヒ より:

      AIさん、返信遅くなりすみませんでした!そして、コメント嬉しいです。読んでくださって、ありがとうございました!

      不安ゲージが半分になるなんて、本当に良かったです。自分の気持ちを理解してもらうだけで、心って軽くなるものですよね。

      >不安を感じてもよい、とわたしは理解しました。
      >不安を受け止めた上でじゃあどうする、ワタシ??

      そうですそうです!感じるものは、しょうがないんです。
      それを変えることは思考にはできないのです。

      だから、いったん受け止める。受け入れる。
      そして、心が少し落ち着いたら、自分に聞いてみる。

      「じゃぁ、私は本当はどうしたい?」

      そういうことの繰り返しで、心は鍛えられていくのだと思います。
      寄り添い、励まし、育ててあげる。

      これまでずっと、やりたいことでお金を稼ぎ、その恩恵を受けてきたんですよね。だからこそ、今のAIさんがある。それは紛れもない、AIさんの能力と努力の結晶だったのだと思います。

      まずはその価値を受け取りましょう!

      そしてそれを、これからどう伸ばしていくのか?どう変えていくのか?ということについては、ワクワクした気持ちで、未来を思い描いていけると最高だと思います。

      これからのAIさんの活躍を、ますます応援しています!

タイトルとURLをコピーしました