大嵜直人先生に執筆をお願いした話【Life-Size Counselor Satohi.】

ライフワーク

愛あるみなさま、こんにちは。

サトヒです。

今日は、こちらの物語が生まれた舞台裏について。

2021年の6月に、私はある方に執筆のお願いをした。

その方は、大嵜直人さん

カウンセラーのお弟子仲間でもあり、プロの文筆家。

マヤ歴占いによると、私にとって「鏡の向こうの人」と呼ばれる相手。

それは、もう一人の自分とも言われ

5000万人に1人の確率でしか出会えないらしい。

そのつながりを見つけてくれたのは、やまだようこカウンセラー。

彼女もまた、直人さんに執筆を依頼した一人で、私はその文章にいたく感銘を受けていた。

やまだようこについて。 | やまだようこ|心理カウンセラー
心理カウンセラー・やまだようこです。わたしは、心理カウンセラーであると同時に、世界でただひとりの「やまだようこのプロ」でもあります。=わたしがそう世界に宣言できるようになるまでには、はるかな長い道のりをあるいてきたように思います。わたしは、...

元々、直人さんの存在は、直人さんがお弟子になる前から知っていた。

共通の師である根本先生が、時折Facebookで彼のブログをシェアするのを目にしていたから。

最初はタイトルに惹かれて、こっそり覗いた。

何度か目にするうち、ブログの中に「ファイナルファンタジー」という単語が出てくることに気づき、親近感を覚えた。(私はドラクエ派だけど、FFもやる)

ときに選択はコイン・トスのように

そして、彼がつむぐ繊細で美しい文章からにじみ出る哀愁と

時に悲しい背景が見え隠れする、憂いをまとったような空気感と

穏やかさの陰にある揺るぎない強い意思のようなものに

なんだかすごく心惹かれた。

勝手に、不思議な縁も感じていた。

肝の小さい私は、直接コンタクトを取る勇気を持てずにいたけれど

いつしかその「不思議な縁」に導かれて、直接的なつながりを得ることができた。

そして、執筆をお願いするという流れに至ったのだった。

直人さんは、私の申し出を快く受けてくれた。

その時の私は、カウンセラーとして活動する中での

「自分の提供できる価値」

というものがわからず、迷走していた。

自分が自然にできること

自分がやりたいこと

自分の強みや価値観

自分にとっては当たり前すぎて見えないものを

「客観性」という力を使って、理解したいと思っていた。

その一つの方法として、直人さんの文才に頼ってみたいと思いついたのだった。

直人さんから、書いて欲しい文体のイメージを問われ

「情緒的な説明文」

という、わけのわからないお願いをした。

私は全く記憶にないけれど

「プロモーションビデオのような文章」

なんてことまでのたまっていたらしい。

そんな無理難題にも思える依頼を、直人さんは優しく引き受けてくれて

そこから、10の質問に答えるための往復書簡が始まったのだった。

直人さんの描いてくれた私好みの舞台設定の中で

私は、「賢者」としてのペルソナに身を包んだ。

直人さんは、時には天空の竜となり

砂漠の女王となり

勇者の母となって

賢者としての私と対話を重ね

私の心の深いところにある、今まで言葉にする機会もないまま眠っていた

どこか確信めいた個人的な思想のようなものを引き出してくれた。

とても深く、鋭い質問に、私は頭を悩ませることも多かった。

直人さんの創り出してくれた空気感を壊したくなくて

物語のイメージを壊さぬよう慎重に、丁寧に、言葉を選び続けた。

一つの質問に答えるために、一か月を要することさえあった。

そうして気が付けば

最後の質問に答える頃は、最初の質問から1年が経っていた。

(その物語は、アナザーストーリーとしてまた別の機会に)

その過程で引き出された、私の内側にある思想や価値観の核のようなものは、

10日後に、往復書簡とは全く違う舞台設定の中に生まれ変わって

私の元にやってきた。

当初は、往復書簡そのものが作品になると思っていたから

あまりにも壮大な世界観の変化に、めまいすら覚えた。

いや、直人さんの文才の煌めきに、目がくらんだだけかもしれない。

そして、改めてその物語に目を通した時、私はまた軽く戸惑った。

あれ?

私は、主人公なのか?

それとも、カウンセラーなのか?

どちらもが私のようでいて、どちらもが私とは少し違っているような気もして。

だけど、私は理解する。

そうか、これは過去の私と今の私が出会う物語なのか。

作品が完成して、誰よりも先に読んでもらいたかった人に原稿を見せた。

作品を一読した後、やまだようこ氏は

「この人に出会えて、ほんとうによかった。」

という物語の終わりにある、その一文に対して

「等身大の、そのままの私と出会えてよかった。という自分へのラブレターだね」

とつぶやいた。

1年間という想定外の長い旅を終えた時

直人さんは、何度も

「書かせてくださって、ありがとうございました」

と言ってくれた。

その都度私は、

「感謝するのは、私の方なのになあ」と感じつつ

5000万分の1の奇跡を思いながら、こう伝えるのだった。

「私の物語を書いてくださり、ありがとうございました!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました