ココロノマルシェ人間関係自己肯定感

【ココロノマルシェ】他人の悪意に傷ついた時は

ココロノマルシェ

【悪口(陰口)を言われるのも、人の悪口を聞くのも辛い】

ネガティブな感情を感じるのが辛くて、思考的になってしまうと、ずーっとモヤモヤ。本当の答えは誰にもわからないので、すっきりせず、思考は同じところを回り続けます。

悪口を言われて、いい気分がする人なんて誰もいません。

悲しいし、悔しいし、傷つくし、腹立つし、ネガティブな感情が腹の底から湧き上がるのは、とても自然なこと。その感情を、しっかり感じて、受け止めてあげませんか?

******************

ココロノマルシェにご相談頂いた内容に回答しています!

悪口(陰口)を言われるのも、人の悪口を聞くのも辛い
いつも、拝見させていただいております。 段々と仕事の人間関係が辛くなってきたので、相談させてください。 私は、あまり女性から、嫌われるタイプではなく、どちらかというと好かれるタイプだったのですが、 今の職場で、先輩達が、

いつも、拝見させていただいております。

段々と仕事の人間関係が辛くなってきたので、相談させてください。

私は、あまり女性から、嫌われるタイプではなく、どちらかというと好かれるタイプだったのですが、

今の職場で、先輩達が、誰かの悪口を常に毎日いい続け、新しい人が入る度にそのターゲットにされ、辞めていきました。

しかし、一時期私のこともどうやら悪口を言っていたみたいで、それ以来、自分の体調もよくないし、言ってなくても言ってるんじゃないかとか、私のことじゃなくても、誰かの悪口を聞くのも、最近苦痛で、たまりません。

悪口を言っていた本人の前では愛想をふり、陰では耳を疑うような暴言を吐いたりするのです。信用も出来ないし、そんな人様に対して暴言を吐き続けることが理解出来ません。

幸せじゃないんだろうなとか自信がないから、人を蹴落としてしまうんだろうなとか、考えたりしますが、私の心身が限界です。

私が気を休めるには、一体どうしたらよいのでしょうか?

(さくらさん)

「自分らしさ」をとことん追求する、ライフワーク研究家サトヒです!

さくらさんは、とても繊細で、心の機微がわかる優しい人なのでしょうね^^

そういう心優しいタイプは、人の悪意に敏感ですし、心を痛めることも多いのだと思います。

逆に、他人の心がよくわかるこそ、傷ついた人の心に寄り添ったり、助けを必要としている人に、的確なサポートができたりもするのだと思います。

だからこそ、たくさんの人に好かれる才能をお持ちなのだと思いますよ~!

さくらさんがおっしゃるように、誰にでも悪口を言うような人というのは、自信がなく、悪口を言うことで自分が上に立ったような感覚を得て、自信の無さから目を逸らし、安心したいと思っているのだと思います。

でもそれって、本当は誰よりも自分自身のを攻撃しているのです。

誰よりも自分自身のことを嫌い、蔑んでいるのです。

それって、あまり幸せな生き方とは言えないですよね。

>悪口を言っていた本人の前では愛想をふり、陰では耳を疑うような暴言を吐いたりするのです。信用も出来ないし、そんな人様に対して暴言を吐き続けることが理解出来ません。

そうですよね~、そういう人は誰からも信用されないし、理解もされないでしょうね。

さくらさんだけじゃなく、みんなそう思うんじゃないかなぁ?

人を大事にしない人は、人から大事にされません。

なぜなら、この世は、自分から発したものを受け取る世界だからです。

自分が与えたものが返ってくる。

そんなシンプルな法則で成り立っているのです。

だとしたら、先輩達は自分が発した悪意の因果を、自分自身で報いるのでしょう。それは、先輩達自身が学ぶべき課題なのだろうから、放っておけば大丈夫^^

ということで個人的には、さくらさんが、誰でも構わず悪口を言う人の言葉に、心を惑わされる必要はないと思うんですよね。

だって、そういう人って、他人が何をしても、何をしなくても、文句を言うじゃないですか??

そういう人への対処法に、実は正解って無いんです。

もしあるとしたら、”気にしないこと”かもしれませんね。

自分の心を最も傷つけているのは自分自身

おそらくですけど、さくらさんは、その先輩達が自分の悪口を言っていたという話を耳にしたことで、「悪口を言われるようなことを、自分は何かしてしまったんじゃないか?」と自分自身を疑ってしまったのではないかな、と思うんですね。

自分への疑いは、いつしか自己攻撃となり、自分の心を傷つけていきます。

他人が何を言っても、何をしても、自分の心を傷つけられるのは、実は自分しかいません。

体調が悪くなったり、他人に対して疑心暗鬼になる、ということは、もしかしたら無意識に、さくらさん自身が自己否定をしてしまっている、ということなのかもしれません。

大丈夫、さくらさんは何も悪くないんです。

自分に対して、そう言ってあげましょうね。

先ほども書いたとおり、悪口を言うのは、悪口を言う側の心の余裕の無さの問題です。

もし、本当にさくらさんに対し何か思うところがあったのだとしたら、それを正直に伝えればいいだけのことですし、それができずに陰口を言うだけなら、先輩達がそういう形でしかコミュニケーションを取れないからなだけなのです。

それを偶然耳にしてしまったのは、とても悲しい出来事だったと思いますが、そのことで、さくらさんが心を痛める必要はないのです。

ただ、悲しみや寂しさ、怒りという感情は、理論理屈だけではなかなか処理できないこともあるので、お恨み帳を書いてみると良いと思いますよ!

傷ついた心を守ろうとして、思考的になる

きっと、今のさくらさんは、相手の気持ちを理解しようと、この状況を理解しようと、一生懸命考えてきたのだと思います。

どうしてそういうことをするのか?

何が原因なのか?

何が悪いのか?

相手に問題があるのか?

自分に問題があるのか?

そういうことを、ずーっと頭の中でぐるぐると考え続けているのかもしれません。

ネガティブな感情を感じるのが辛くて、思考的になってしまうということがあるのです。

そうすると、ずーっとモヤモヤ。本当の答えは誰にもわからないので、すっきりせず、思考は同じところを回り続けます。

悪口を言われて、いい気分がする人なんて誰もいません。

悲しいし、悔しいし、傷つくし、腹立つし、ネガティブな感情が腹の底から湧き上がるのは自然なことなので、その感情を、しっかり感じて、受け止めてあげましょう。

何か嫌なことがあった時、友人が話を聞いてくれて、気持ちをわかってくれて、「あなたは何も悪くないよ、大丈夫だよ」って言ってくれたら、安心しませんか?

きっとそういうことを、さくらさんは自然と人に対してできる人なんじゃないかな?

だとしたら、自分自身に対しても、同じようにしてあげて欲しいのです。

理解し、共感し、慰め、励ます。

それが

>私が気を休めるには、一体どうしたらよいのでしょうか?

の一つの答えになると思います。

お恨み帳は、自分の気持ちを理解するためのツールなんです。

正直な気持ちや感情や考えを、書き出すことで客観的に見て、理解する。

「共感」と「理解」には、傷ついた心を癒す強いパワーがあります。

今のさくらさんは、心が傷つき、思考で自分を守ろうとしている状態なのだと思います。

だから、その傷ついた心を、癒してあげることが最優先です。

心から血がだらだら流れている状態で、必死に「思考」という武器をつかんで、相手と戦おうとしてる。

そんなのしんどいに決まってますやん~。(泣)

まずは、自分が傷ついたことにしっかり寄り添って、心が自然と癒えるのを待てば

「今の先輩達はそういう人で、そうせざるを得ない弱さがあるんだな」

ということが理解できるようになると思います。

つまり、大事なのは自己肯定感ってことですね^^

持ち前の優しさで、自分のこともまるっと包み込み、心の傷ごと受け入れてあげてください!

今回のことで、とても辛い気持ちになってしまったと思いますが、ここでしっかりと自分を癒すことで、さくらさんの心の器はまた一段と大きくなるのでしょうね^^

さくらさんが心穏やかに、愛し愛される幸せな人間関係の中で、のびのびと過ごせることを、心から祈っています!

*********************

自分の気持ちを見失いやすい心優しいあなたが、自分軸を取り戻し、どんな夢もどんどん叶えていけるマインドセットを手に入れるお手伝いをしています。

カウンセリングメニューはこちらから

根本裕幸の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、あなたの相談にお答えします!

ココロノマルシェはこちら

サトヒに直接お悩み相談してみたい方も、両手を広げてお待ちしております!(回答へのご意見・ご感想もこちらからどうぞ)

お悩み相談室はこちら

いいね! この記事が気に入ったらハートマークをクリックしてね。
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました