夏休みのおもひで@八ヶ岳Cradle in 長野県原村【子連れ宿泊記】

旅行

愛あるみなさま、こんにちは!

サトヒです。

学校再開のおかげで、ほんの少しだけ自分の時間が取れるようになりました。ほっ。

今日は、上の子を学校に送った帰りに、コンビニで買ったおにぎりを川辺のベンチで食べてきました。

赤子氏はちょうどベビーカーでお昼寝してくれてたので、ちょっとした一人の時間。

なんか、こういう時間久しぶりだわ…と思ったら、涙が出そう。(笑)

好物のたらこおにぎりを貪っていたら、なんとなく視線を感じたので見てみると、めっちゃ薄目で見られてた。

▼何一人でうまそうなもの食べてんだよ…の目

最近、結構ストレス溜まっててヤバイ感じがあるので、どこかで完全に一人で過ごす日を作らないとまずいなーと思い始めてます。

他人軸になりやすいタイプは、普段から外界に対してのアンテナ感度が高すぎるので、物理的に一人にならないと、自分の中心に戻りにくいと思ってるんですよね。

なかなか一人時間って取りにくい方もいらっしゃるかもしれませんが、誰かに気を使って申し訳ないと思っちゃう人こそ、自分に還る時間を大切にした方がいいと思うんです!!!

…と、自戒を込めて。

原村いいとこ、一度はおいで

はてさて、長いようであっという間の夏休みだったわけですが。

途中からは「緊急事態宣言」で出歩くこともままならなくなってしまったのですが、かろうじて夏休みの前半に、我らが弟子仲間あずあずの運営する「八ヶ岳Cradle」にお邪魔してきたので、その思い出話を少し。

八ヶ岳 Cradle

Cradleにお邪魔するのは今回が2回目なのですが、昨年の10月に仲間たちへのお披露目も兼ねて、招待してもらったのが最初だったのでした。

その時はまだ赤子がお腹にいたのに、それがもはやハイハイするほどに育っているという時の流れの速さといったら…。(恐ろしい)

▼独唱「ドナドナ」(妊娠8か月時)

その最初の滞在があまりにも素晴らしく、絶対にまた行きたい!と思っていた流れでの、2回目の実現だったのでした。

Cradleは、ホームページの紹介にもある通り、標高1280mの長野県原村という場所にあります。

詳しくは、原村の「第二ペンションビレッジ」という場所なのですが、その名の通りペンションはもちろん、カフェやレストランなど、歩いて行ける範囲にたくさんのお店があるのです^^

また、すぐ隣(と言っても過言ではないくらい近く)には、「八ヶ岳自然文化園」という無料で入れる大きな公園のような場所もあります。

▼正式名称「信州原村 八ヶ岳中央高原 八ヶ岳自然文化園」

信州原村 八ヶ岳中央高原 八ヶ岳自然文化園
八ヶ岳自然文化園は「原村」の「風がある」「緑がある」「星がある」自然が溢れる高原にあります。映画「今、会いにゆきます」撮影地でもあります。四季折々の自然と出会えます。ご来園お持ちしております。(公園)

だから、一旦ここに来ちゃえば、他にどこも行かなくても、この周辺だけで満喫できちゃうのが個人的に大好きなポイントなんです。

若かりし頃は、旅行と言えばめちゃくちゃ予定を詰め込んで、その予定をこなすことで達成感や充実感を感じていた私ですが

妙齢のおとめーぬになった(訳:歳を取った)今は、滞在先でのんびり、ぼんやりと時を過ごし、その日その時に思いついたことを、ぽつりぽつりと楽しむスタイルを好むようになりまして。

なので、そんなスタイルで休日を過ごしたい方には、めちゃくちゃオススメの場所なんざます。

都内からも2時間ほどで行ける高原リゾートなので、手軽に非日常が味わえてしまうのが、なにより素晴らしい。

なんか、原村で過ごしていると、俗世間と切り離されるような感覚があって。

「ここは天上界か何かか!?」

と思ってしまうのだけど、それはどこか、村全体が宇宙につながる感じがするからなのかもしれない。

(実際に、スピリチュアル的な思想が当たり前のように、空気のように存在している雰囲気がある。)

ちなみに、8月に開催されて好評だった「ホリスティック リトリート」の2回目が、来る9/18~9/20の3日間で開催されるそうで

我らがあずあずも、「心身のストレスを解放し、自己肯定感をあげるイメージワーク」を担当するんですってYO!

それ以外にも、魅力的なイベントが盛りだくさん。

こんな、まるで宇宙につながっているような自然豊かな場所で、自分と向き合う3日間をたっぷりと過ごしたら、日頃のとげとげみたいなのも、すっかり抜け落ちるに違いない…!

ご興味ある方は、イベントページをご確認くださいませね^^

行ったお店を色々とご紹介

個人的には、オシャレなカフェがたくさんあるのも嬉しいところなのですが、カフェだけでなく、こじゃれたショップがとにかくたくさん。

【cafe & stay Region】

前回も今回も、朝食はここで。宿泊もできるらしい。

私は自家製パンとスープのセットを頂いたのだけど、夫と娘が頼んでいたフレンチトーストが、今までの常識を覆すフレンチトーストで驚きました。

▼これは、自家製パンとスープ(焼き菓子付き)のセット

こんなフレンチトースト、全然食べた事ない!って感じ。

私は、甘いものをあまり朝食で食べないので、フレンチトーストも滅多に選ばないのだけど、ここのフレンチトーストは朝食で食べたいかも。

目が詰まったパウンドケーキを厚めにカットして、フライパンでサクッと焼いて、塩味の効いたバターをじゅわっと染み込ませたみたいな味。(食レポに向かないタイプ)

私の技量では説明不能なので、ぜひ実際に食してみてもらいたし!!!

【デリ&カフェ「K」】

八ヶ岳自然文化園の入り口すぐにある、これまたシャレオツなカフェ。

ランチタイムは充実のメニューで、どれも本当に美味しそうなのだけど、タイミング合わず、まだ一度も食事したことがないのが悔やまれる…。

カフェの手前にちょっとした物販コーナーがあるのだけど、センスの良い物がたくさんあるので、お土産にもオススメ。

私は、粒の白い”生とうもろこし”というのを買って帰ったのだけど、とても甘かった!!(生でも食べられるらしい)

ちなみに、恥ずかしすぎてTwitterで呟いたのだけど、入り口のテラス席が段差になっていて、ソイラテを買ってぼーっと歩いてたら、思いっきり段差で転んで四つん這いになったら、膝にものっすごいアザが出来たので、みんなは気を付けてね。。。

【原村CAFE】

ドッグランもあって、ペットと楽しめるカフェで、犬用ケーキなども販売しているそう。

ここで食べたクロックマダムが絶品だったー!!!

▼ポテト付きでボリューミーなブランチ

ランチョンマットが、原村マップだったのも嬉しいところ。この通り、小さくてよく見えないけど、本当にたくさんのペンションやショップやカフェがあるんです。

【MIC HOUSE】

全員集合した日の夜に伺ったお店。

「ランチガテン系定食屋、BAR酒処、屋内宿泊施設」と、なかなかキャラ濃いめな雰囲気が滲み出てますが(笑)、リーズナブルに美味しいご飯ががっつり頂けます!

お店の方がとっても気さくで、親戚の家に来たみたいな錯覚が…!

▼家庭的な最後の晩餐感。

追加で味噌ラーメンを頼んだのだけど、ラーメン屋さんじゃないはずなのに、めちゃくちゃ美味しかった。(笑)

個人的に、写真手前のズッキーニの炒め物にドはまりしました。

【信州手打ちそば ゆう和】

こちらは、昨年10月に行ったのですが、Cradleのまさにお隣さんにあるお蕎麦屋さん。

天ぷらそばや、鴨そばなどがあり、どれも美味しそうだったのですが、私が選んだのは「たてしな」という前菜5品が付いてくるセットです!

卵焼きや鴨やサラダなど、少しずつ色々な味が楽しめるので、女子が好きそうなメニューです。

手前には、そばそのものの味を楽しめる「水蕎麦」がセットになっていて、ちょっとした心遣いを感じました^^

▼たてしな

【八ヶ岳食工房】

自家製のベーコンや生ハム、ソーセージなどを扱うお店。週末しかやっていないみたいなのだけど、滞在していた時に空いていた日があったので、お土産を買いに行きました。

工房には、Cafe SAT&SUN(サタサン)というカフェも併設されていて、そこでも自家製のハムやソーセージを頂けるみたい。

その名の通り、こちらも週末のみの営業。

▼珍しいものが多くて、目移りしてしまった…!

【もみの湯】

Cradleにも24時間風呂があるので、いつでもお風呂に入り放題なのですが、車で10分ほど行った所に温泉があって、温泉好きな私としてはついつい引き寄せられてしまいます。

樅の木荘という宿泊施設に併設された温泉なのですが、日帰りの利用も可能。

泉質は、「ナトリウム-硫酸塩・塩化物」とのことで、ちょっとしょっぱい。

湯冷めしない湯とのことで、たしかに芯からあったまる感じがあります。

個人的に好きで、Cradleに宿泊すると、2回以上は訪れてしまいます。

赤子連れでも大丈夫かと心配しましたが、電話で問い合わせたところ、一緒に入ってOKとのことでした。

しかし、赤子とのお風呂って、なかなかしんどいわけでして…。(自分が洗っている間、洗い場で倒れて頭をぶつけないか冷や冷やしながら、足で押さえつつマッハで全てを済ませなければいけないストレスがすごい。)

ゆっくり温泉に浸かる日を夢見ている私です…。

【道の駅 こぶちざわ】

Cradleから車で20分くらい行ったところにある、大型の道の駅。

レストランや農産物直売所、色々な工芸体験のできるショップなどが立ち並び、宿泊施設も併設していて、日帰り温泉もあるという、充実の複合施設。

ここにある、イタリアンレストラン(ロトンド小渕沢)がめちゃくちゃ魅力的なのだけど、毎度混んでて入れた試しがない。(笑)

なんと、東京の広尾にあるレストランの2号店らしい…!

日帰り温泉は「スパティオ小淵沢」という宿泊施設の中にあるのですが、「延命の湯」となんとも縁起の良い名前で、内湯と外湯に色々なお風呂があって、洗い場も広くて伸び伸びできました。(前回の記憶)

我が家とあずあずの子どもたちは、なぜかパワーストーンブレスレットを作成。

血は争えない…。(笑)

しかし、石の種類によって値段が変わるのですが、直感でボンボン選ぶから恐ろしすぎる。(笑)

…ということで、前回と今回で出歩いた記憶を残してみたわけですが、冒頭にも書いた通り、クレイドル周辺で過ごすだけでも、十分満喫できるのが素晴らしいところなのです。

ウェルカムキッズ&ベビーなお宿なので、子育てに疲れちゃったママンにも猛烈にオススメしたい。(私か。笑)

ぼーっと自然の中で過ごすだけでも、自分軸が整う事間違いなしです。

▼宿泊料金などは詳細はこちら

GUEST HOUSE - Yatsugatake Cradle

ということで、また遊びに行きまーす!!!

(おまけ)

今回あつまったみんなが、それぞれ手土産を持ってきたのだけど、なぜかフィナンシェ率高し…!!(笑)気が合いますなぁ…!!

ではまた!

直接話すのが苦手な方は、メールカウンセリングがオススメです!あなただけのスペシャルな回答をお届けします。

自分の気持ちを見失いやすい心優しいあなたが、自分軸をしっかりと立て直し、自由に幸せに、自分らしく生きるためのお手伝いをしています。

根本裕幸大先生の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、あなたの相談にお答えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました