過食がやめられない自分が嫌になる:ダイエットは動機が命。痩せたい気持ちの裏側にある思い込みとは?【ココロノマルシェ】

ココロノマルシェ

【過食が止まらない】

我慢している時って、実は対象に意識が向きまくっている状態なので、逆に欲求に突き進むためのエネルギーを蓄えている状態でもあると思うのです。

つまり、ダイエットで言えば、「食べちゃダメだ、食べちゃダメだ」と思えば思うほど、「食べる」ことに意識が向き続けるので、むしろ「食べる」パワーが蓄えられている状態、ってことです。

そもそもですが、なぜ痩せたいと思うのでしょうか?その裏には、「痩せなければいけない」と思う理由がきっとあるはずで、それが自己否定の原因になっているのかもしれません。

******************

ココロノマルシェにご相談頂いた内容に回答しています!

過食が止まらない
過食が三日に一度あります。 気持ち悪いほど食べたりして、たまに吐きます。 過食症ではないと思うのですが、痩せて綺麗になりたいといつも思ってます。 色々ダイエットの決意をしますが、続きません。 そんな自分がいやです。結局私

過食が三日に一度あります。
気持ち悪いほど食べたりして、たまに吐きます。
過食症ではないと思うのですが、痩せて綺麗になりたいといつも思ってます。
色々ダイエットの決意をしますが、続きません。
そんな自分がいやです。結局私はデブのままか、、と。なんだか疲れてしまいます。
体型は164cm.58キロでポッチャリです。
いつも食べ物のこと考える自分も嫌です。

(クチナシさん)

「自分らしさ」をとことん追求する、ライフワーク研究家サトヒです!

産休明け、久しぶりのココロノマルシェ回答です!

マミーブレインで語彙力低下中なのですが(汗)、一生懸命回答させて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、私も過食していた時期があるので、他人事には思えず、自分の経験を通じて感じてきたことを交えながら、書かせて頂きますね。

私もまさにそうだったのですが、過食のきっかけはダイエットでした。

クチナシさんも、「痩せて綺麗になりたい」という思いがあり、ダイエットにチャレンジしてきたご経験があるのですね。

そして、ダイエットが続かないことで、ご自身のことが嫌になってしまっていると書いていらっしゃいますが…

そもそもですが、ダイエットって続かないものだと思うんです。それを言ったら、元も子もないかもしれませんが。

だからこそ、結果にコミットさせることが、ビジネスとして成り立っているわけですもの。(笑)

一般的に、ダイエットってとても禁欲的なものだと思うのです。自分が今まで好きだったものを食べないようにしたり、楽しくないのに運動しなきゃと自分を追い立てたり。

つまりそれって、自分にすごく我慢や無理をさせるわけですよね?

だけど、無理や我慢って大抵は続かないものですし、そんなストレスフルな状況が長く続いてしまうのも、それはそれで問題です。

おそらくですが、クチナシさんが痩せたい気持ちとは裏腹に、過食に走ってしまうことがあるのも、我慢からくるストレスの影響もあるのかもしれません。

我慢している時って、実は対象に意識が向きまくっている状態なので、逆に欲求に突き進むためのエネルギーを蓄えている状態でもあると思うのです。

ダイエットで言えば、「食べちゃダメだ、食べちゃダメだ」と思えば思うほど、「食べる」ことに意識が向き続けるので、むしろ「食べる」パワーが蓄えられている状態、ってことです。

で、何かのきっかけで「我慢」の気持ちが緩んだ瞬間に、今まで抑えていた分の勢いがついて、反動で今まで以上に食べてしまうようなことがあるのだと。

それが、いわゆる「リバウンド」につながる原因なのではないかな?と思ってみたり。

では、ダイエットが続く人ってどんな人でしょう?

私が思うに、ダイエット自体を楽しめる人ではないかと思うのです。

いや、楽しめる、というよりかは、楽しむ工夫をすると言った方が正しいかもしれませんが。

ただ我慢や無理をするのではなく、「痩せて綺麗になる」過程を楽しみながらするってことですね。

過食に走ってしまうほどのストレスがかかっていうことは、きっとクチナシさんにとってのダイエットは、どこか苦行の側面があるのだと思います。

それってやっぱり、しんどくないですか?

「痩せて綺麗になりたい」の裏側にあるのは…

ダイエットの動機である、「痩せて綺麗になりたい」という気持ち。

それそのものは、とても前向きで素晴らしいと思うんです。

そりゃー、女子としては、スレンダーで美人でオシャレで素敵な人に憧れちゃいますもんね。

だって、モテたいし。イケメンパラダイスでチヤホヤされたいし。(え、私だけ??)

ただ、クチナシさんの場合

>そんな自分がいやです。結局私はデブのままか、、と。なんだか疲れてしまいます。

と書かれていることから、恐らくですが、ダイエットの出発点は「ダメな自分を変えたい」という思いなのではないかと思うのです。

>体型は164cm.58キロでポッチャリです。

>いつも食べ物のこと考える自分も嫌です。

と、この短い相談文の中だけでも、結構な数の自己否定ワードが散りばめられていますよね。(私は、ポッチャリはチャームポイントだと思いますが)

だとすると、もしかしたら、クチナシさんは普段から自分自身を責めるような気持ちが強いのかもしれません。

だからこそ、そんな自分を変えるために、言うなれば自分を好きになるために、「痩せて綺麗になりたい」と思っていらっしゃるのかもしれません。

それって逆に言えば、「今の自分は太っていて綺麗じゃない」って思っているってことになるのですが、いかがでしょうか?

思い込んでいることは、ますますそうなるという仕組み

以前、別のココロノマルシェの相談への回答にも書かせて頂いたのですが(こちらもダイエット関連のお悩みでした!)

何かで自分を変えたいと思う時、実はスタート地点が重要で、

「今の自分もオッケーだけど、もっとよくしたい」

と思うのか

「今の自分はダメだから、もっとよくしたい」

と思うのかで、過程や結果って変わってくるのです。

スピっぽい話で恐縮ですが、この世の仕組みとして、「意識を向けているものが拡大する」というのがあります。

それって、言い方を変えると「自分の思い込みが、ますますそうなる」ということでもあるのですが

スタート地点が重要というのは、元々自分で自分をどう思っているのかが重要で、何をしてもしなくても、結局最初に自分の思っているようにしかならない、ということでもあるんですね。

なんとも恐ろしい話ですが…(汗)

前述の通り、クチナシさんの「痩せて綺麗になりたい」という気持ちは、「今の私は太っていて綺麗じゃない」という思い込みの裏返しなのかもしれません。

そして、「太っていて綺麗じゃない」ことに対して、何か不安を感じる理由があるのかもしれません。

だけど、前述の通り「その思い込みがますますそうなる」のだとすると、そりゃーダイエットに失敗するのは当然だし、過食に走りたくなるのも当然ですよね?

だって、痩せたいという思いとは裏腹に、「太っていて綺麗じゃない」私であろうとする無意識の力が働くからです。

だから、クチナシさんがダイエットに成功するためにオススメしたいのが、本末転倒のようにも見えますが、”今の自分のままで、「かわいい」「きれい」「素敵」と思える部分を、自分の中にたくさん探してください”、ということになるのです。

え?痩せたいって言ってるのに、今の自分のままってどういうこと!?ふざけてんの!?

って感じですよね~。

今の自分を肯定するということは、ダイエットのスタート地点の意識を変えるということです。

「今の自分もいいけど、もっと素敵になりたいよね!」

と、ダイエットの動機をポジティブなものに変えるということです。

そもそもですが、自己否定ってしんどいので、すごくストレスが溜まるんです。

だから、過剰に食べたくなっちゃうってこともあります。

なので、「今の自分を肯定する」=「自分を褒める習慣をつける」ことで、自分にストレスを感じさせないようにする効果もあります^^

そして、今の自分でもOKって思えるようになると、「もっと痩せて綺麗になる」ことを自然と楽しめるようになります。

自分のことをダメだと思っていると、ついつい自分いじめをしがちで、無理や我慢をしてしまうものですが、自分にOKが出せるようになると、自分が楽で楽しめることを選んであげられるようになるんですよねー!

そうすれば、ダイエットも楽しいものになってストレスフリーになって、無理なく自然に続けることができるようになると思うんですね。

ということで、いつもの「自己肯定感」って話になってしまいますが、どうぞクチナシさんがご自分の良いところに目を向けて、今の自分のままでも十分に素敵な女性だということに気付いて頂ければな、と思います。

▼自己肯定関係の記事はこちら

まぁ、「今の自分でもOK!」と思えるようになったら、そもそもダイエットが不要になっちゃうかもしれませんが^^

綺麗な人って、どういう人?

今でこそ、「痩せていることが美しい」という価値観が社会ではびこってますし、私もそりゃー痩せたいと思っちゃいますけど(産後太りが…)、痩せていれば良いって話でもないと思うのです。

人によって骨格も筋肉の付き方も違いますし、それぞれに合った体形のバランスっていうのがあるんだと思うんですね。

それに、「痩せること」と「綺麗になる」ことは、つながっているようでいて、実はつながっていないようにも思うのです。

つまり、痩せることは、綺麗になるための手段の一つではあるけれど、それが全てではないよね?ということです。

私が思うに、「綺麗な人」というのは、その人らしさの魅力を自然に発揮できている人なのではないかと。

それって、容姿だけではなく、内面から出る輝きでもあるんじゃないでしょうか?

自分らしい魅力は、自分の感性を大切にすることで発揮されていくように思うのです。自分の感じる心そのものが、自分らしさを形作る要素だと思うからです。

もしかしたら、クチナシさんは普段から自分が嫌だな、嫌いだなと思うようなことでも、頑張ってやらなくちゃ!と思いがちな部分があるのかもしれません。

だとしたらダイエットでも、自分が苦手なことでも頑張って続けなくちゃと、自分を追い込みがちだったりしませんか?

だけど、何事も、「やらなきゃ」とか「やるべき」では続かないものなのですよね。だって、なんだか重苦しくて、めんどくさくて、嫌になっちゃいますもん。

だからどうぞ、自分の「好き」や「楽しい」をベースに、やりたいと思う気持ちを大切にしてあげてくださいね^^

自分が好きなこと、嫌いなことに正直になって、好きなことをより楽しむことで、自分らしさはどんどん花開いていくはずです!

ちなみに、私自身も容姿にコンプレックスがありまくりーぬなので、まぁまぁ説得力ない話になっちゃいますけど(笑)、実は「変だな」とか「やだな」と自分で思っている部分こそ、人からは「かわいらしい」と思われたりするんですよね~。

そんな客観的な視点を、どこか頭の片隅において、自分では完璧じゃないと思って否定しがちな部分にこそ、愛を注いであげてみてください^^

「完璧じゃない私でも愛される」

そうつぶやいてみてください。

なかなか素直にそうは思えないかもしれませんが、それが事実なのです^^

クチナシさんが、既に持っている魅力を全開にして、自分らしい美しさを表現できることを心から祈っていますね!

*現在あれこれサービス停止中です。再開をお楽しみに!

直接話すのが苦手な方は、メールカウンセリングがオススメです!あなただけのスペシャルな回答をお届けします。

自分の気持ちを見失いやすい心優しいあなたが、自分軸をしっかりと立て直し、自由に幸せに、自分らしく生きるためのお手伝いをしています。

根本裕幸大先生の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、あなたの相談にお答えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました