ザ・直感コンサルティング!リンロビンソンさんの個人セッションを受けて元気になった話。

学び

愛あるみなさま、こんにちは!

サトヒです。

先週末は、久々に実家の方に帰っておりました。

コロ助前のお正月に帰って以来だから、半年ぶりくらいになるのかな?

基本的に、私は実家大好きっ子なので、3か月に1回くらいのペースで帰省してるので、6か月開くのは私にしては長い方です。

しかもね、コロ助の不安がもっと強かった頃、本田健さんが「家族とお別れしておきましょう」みたいな話もしてたし、志村けんさんの訃報とかで落ち込んだりしたこともあったので、こうして無事生きて会えたことに感無量になってしまいましたわ…。

だからといって、特に熱い抱擁を交わしたり、感動の再会的な演出は全くなかったのだけど、なんとなく心の奥にじわーっと温かいものが広がる、幸せな瞬間でした。

「無事って、幸せなことなんだな」と。

世界的な直感コンサルタントのセッションを受けた話

さてさてタイトルの話ですが、実は先日、4月頃に申し込んでいた、リンロビンソンさんという方の個人セッションを受けました!

めちゃくちゃ首を長くして待っておりました。

リンロビンソンさんって何者?という方もいらっしゃると思うので、ちょっとご紹介。

(写真は公式サイトよりお借りしました。なんてキュートなの!)

30年以上も「直感コンサルタント」として世界的に活躍されていて、本田健さんのご友人でもあるリンさん。

私が、リンさんを知ったのは、2008年頃だったかな?その頃の私は、引き寄せブーム真っ只中で、引き寄せに関わる情報をアレコレ集めまくっていました。

そんな中で、ふと出会ったのがリンさん。

リンさん自身が引き寄せマスターみたいな人で、色々奇跡的なエピソードをお持ちですし、スピリチュアル的なことにも造詣が深い方です。(直感だけでなく、クライアントのガイドという存在からも情報を得てセッションする方なのです。)

本田健さんがリンさんを日本に呼び寄せて実現した初めての講演会を見に行ったり、彼女の著書をいくつか読んだりもしました。

もう絶版だけど、すごい良い本。中古で激安やん。(笑)

直観力レッスン―ステップ・バイ・ステップで「夢」を「現実」にする方法
直観と思い込みは、どう違うの? 直観力に生きても、まわりの人に迷惑をかけないの? 直観力を使えば、幸せな人生を手に入れることができるの? こんな疑問に、全米のクライアントを持つ直観力の専門家がお答えします…… 私たちは皆、自分の中に「直観」という神の声を持っています。この直観を生かすことによって、あなたの思い通りの人生...

ワタクシ、愛とお金は大好物です。「夢は、紙に書くと現実になる!」という本にテイストが似てるかも。

これ一冊で手に入れる! お金と本当の豊かさ (VOICE新書)
心から幸せな「本当の豊かさ」と現実の「お金」とをいっしょに手に入れてこそ真の成功。「意識」と「行動」を使った成功法のすべてが詰まった完全版。 世界的に著名な直感コンサルタントが日本で初めて刊行した名著が新書版で復刻! 直感を活かして、お金も豊かさも「本物」を引き寄せる極意がここに! ◆口座に5億円あったら、その人は豊か...

そんな、ワールドワイド、グローバルな活躍をしているリンさんを、60分間も自分のためだけに拘束する個人セッションですから、それなりに高額なんですの…。

でも私の持論で、「自分が出せる金額以上の金額は、人から頂けない!」というのがあるので、気になる人のセッションはお金出しても受けてみるべきと思っているんです。

なもんで、「体感しないと、わからないことってたくさんあるじゃない?」っていう言い訳で、清水の舞台から飛び降りちゃったよね~。(笑)

そんな、私の中では数年来のアイドル的存在だったリンさんなので、もうとにかく直接お話しできるということだけで、すごくテンション上がってしまう。ええ、ただのファンです。

ZOOMの接続品質安定のため、ビデオはOFFでということだったので、声だけのセッションだったのだけど、もう声が聞こえた途端に胸がいっぱいになってしまった。

リンさんの声が、これまたかわいらしいのなんのって。なんだろう、すごくポジティブで、優しく穏やかなのにパワフルな空気が伝わってくる。

言葉の一つ一つにエネルギーが込められてて、話を聞いてるだけで元気になるみたいな。なんだか、セッション中身体が熱かったよ。

私は英語は聞き取れる方なんだけど、話す方に自信がないので、素直にお金を払って通訳をつけてもらいましたが、最初の挨拶だけは自分で英語でさせてもらったら、すごくリンさんが喜んでくれて嬉しかった~。もう、大好き。

で、セッションで聞いたのは、もちろん仕事のことですよ。

今の仕事とカウンセラーの仕事の両立とか、カウンセラーの仕事をどう進めていけばいいのかとか。ライフワークバランスのうまい取り方とか。

リンさんの得意ジャンルの一つに、「天職」というのがあるのだけど、リンさん曰く「人生の目的や天職というのは、特定の職業という形でもたらされるわけではなく、カテゴリーで示されるもの」なんだそう。

で、リンさんが感じた私にとっての天職的カテゴリーは、人を育てたり、親切にしたり、理解しようとしたり、元気づけたり、モチベーションを高めたり、ということらしいので、私が選んだ「カウンセリング」という仕事はとても賢い選択だ、とのこと。

なんと嬉しい御言葉でしょうか!

セッションの中で、色々と今不安に思っていることなどを話したのだけど、「私もそうだった!」と言って共感してくれるのがすごくうれしくて。

「怖いのは普通のことだし、新しいことを始める時は、今でも不安になるわよ^^」

とリンさんが言ってくれたのが心強い。今や世界的に活躍するリンさん自身でも、これまでたくさん乗り越えてきたことなのよね。

ビジョンを描くとは、ありたい方向に意識を向けること

セッションの中では、具体的に夢を現実にする方法として、ビジョンの描き方を教えてもらったのだけど、やっぱり「自分がどうありたいか」という目的地を描くことは重要なんだなぁと再認識。

紙に書くこと、ビジュアル化して目に付く場所に置くこと、イメージすること。

そして一番大事なのは、自分に聞くこと。

「私が、このなりたい方向に向かうためにできることはなんですか?」

それを続けているうちに、自分が向かいたい方向へ進むヒントが直感的に降りてくるとのこと。

そういえば、昨年受けていた脳科学系コーチングでも、ゴール設定というのをすごく大事にしてたなぁ。(私には合わなかったけどね!笑)

ゴールを設定することで、いつしかコンフォートゾーンがゴール側の自分に移って、現実との不調和を起こし、そこから行動が変わって…云々っていうやつ。

引き寄せでも、ビジュアリゼーションと言って、自分がこうなっていたらいいなという将来の姿を思い描くというメソッドがあるけれど、やはりこの世は意識を向けたものが拡大するようにできてるもんなんだな~としみじみ感じました。

なかなか実感がなかったり、すぐに結果が出なかったりすると、継続的にできなかったりするけど、やっぱり着実に続けた人が結果を出せるものなのかもしれないなぁ。。。

ちなみに、リンさんは最近引っ越ししたらしいのだけど、その時過去のビジョンボードが出てきて、それを見返したら、全部叶ってたって言ってました。

そういう話はよく聞くけど、私も昔やってみたいことをリストアップしてた時期があったけど、結構叶ってたんですよね。

今回、リンさんにどんなカウンセラーになりたいの?と聞かれて、「リンさんみたいになりたい!」と言ったら、「じゃあ、日本のリンロビンソンになればいいじゃない!」とのお墨付きをもらい(?)、かつ私がリンさんに近づくためのアファメーションまで作ってもらったので(笑)

ここから、ありたい自分にちまちま意識を向けていきたいと思いまっす!

セッションを受ける前は、霊視的にリンさんの見えるイメージをズバズバ言われまくるのかと思っていたけど、私の場合は、すごく現実的なアドバイスが多かった気がします。

もちろん、直感的に感じることもたくさん伝えて頂いたのだけど、決して「あなた、今すぐ今の仕事辞めなさい!」なんて言われるようなことはありませんでした。(言われたらすぐ辞めたのになぁ…笑)

仕事とカウンセリングのバランスも、自分に合ったやり方で進めていけばいいし、カウンセリングも、一朝一夕で結果が出るものではないから、コツコツ続けていったらいいよと言われました。

でも、セッションの一番の肝は

「イメージすれば、夢は現実になる」

ということを、実際に夢を叶えてきた人から聞けたことかもしれない。

本で読んでいたリンさんのエピソードも、直接話を聞くと心への入り方が違うというか。

最後の最後に、リンさんが実際に使っている「ビジョンボード」(こうなりたい、こうありたいに関連する写真などをコラージュしたもの)を見せてくれるということで、ビデオをONにしてくれたので、お顔を拝見できて嬉しかったな~。

「日本のリンロビンソンになるなら、このビジョンボードそのまま使ったらいいよ。」

なんてことも言ってもらいました。(笑)

不相応に高望みしちゃおうぜ!

「夢は大きく描こう」ということは、よく言われることだけど、なんだか今まで自分の中でピンとこなかったんですよね。

豪邸に住みたいわけでもないし、自家用ジェットで世界一周がしたいわけでもないし、ブランド物を買い集めたいわけでもないし…と。

でも、別に夢の大きさは金額の大きさとは別なんでしょう。私はつい、そこを結び付けて考えてしまっていたけど。(笑)

今回、「夢を大きく描く」というのは、つまり「高望みする」ということなんだと思ったんです。

それは、自分の憧れを、そのまま自分の夢にしてしまうということなのかもしれない。

だとすれば、私がリンさんみたいなカウンセラーになりたいというのは、相当な高望みだと思う。(笑)

でも、もしそれが叶ったとしたら、私はどんな気持ちで毎日を過ごしている?

どんなペースで仕事をしている?

どんなクライアントが来てくれる?

どんな人間関係を築いている?

そういう部分を思い描くのが大事だってこと。

そして、そうなった時の感情、感覚を想像するのが大事だってこと。

今回、私のカウンセラーとしてのロールモデルを見つけられたのはとてつもない大収穫だと思う。

私も、リンさんみたいに話すだけで元気になるような、夢と希望を持てるような、自然とエネルギーが高まるような、そんなセッションができたらいいな。

そんなカウンセラーであれたらいいな。

最後に、リンさんがエンジェルカードを引いてくれたのだけど、出てきた言葉は「courage(勇気)」。

こちらのブログによれば…

あなたの眼の前にあるものに真剣にそして大胆に向き合う。

あなたの心に込められた真理を発見し、それに基づいて行動してください。

だって!!

さ、勇気出していこー!!

ではまた!

▼リンさんが使っていたらしいエンジェルカードは、多分こちら

Original Angel Cards: Inspirational Messages and Meditations
One of the most powerful ways to connect with the angels. Angels are inner companions. they help us look at the world in ways that infuse our lives with vitalit...

▼リンロビンソンさんのセッション情報はこちら

リンさんの個人セッション | 本田健 公式サイト
本田健の友人でもあり、30年以上世界的に活躍している直感コンサルタントのリン・ロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました