【リレーブログ】(3巡目)なぜ私がカウンセラーを目指したのか?

リレーブログ

愛あるみなさま、こんにちは!

サトヒです。

今日は、久しぶりに朝からめちゃくちゃ晴れている関東地方です。

お天気がいいと、それだけで気分がスッキリするものですね~。

さて、昨今のコロ助感染者数の激増で、少し心が揺れている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかく自粛期間が解除されて、色々と人と会う予定だったり、旅行やお出かけの予定を入れ始めていたところで、やむなく予定をキャンセルした方もいらっしゃるかもしれません。

私も、Go Toトラベルキャンペーンを使って、夏休みに東京のホテルに泊まろうと思っていたのですが(ちょっと奮発していい部屋を狙っていた)、Go To対象外となったので、「やっぱりやーめた」となりました。

まぁこれは、感染が怖いというよりは、お得じゃないからという金銭的な理由がメインですね。(笑)

なもんで、長い夏休みはいつも通り実家に帰るだけで終わりそうです。

とはいえ、連日メディアは感染者数ばかりを報告して、視聴者の不安を煽ってくるわけですけど、それは視聴率を稼ぎたいTV側の意図も多分に含まれているので、TVでは報道されていない部分では、コロ助騒動に対して懐疑的な情報はごまんとあります。

そういうのを色々と見ていると、本当に何が現実なのか、何が真実なのか、混乱してくるんですよね。

以前も、こんな記事を書きました。

ただ、今のコロ助の状況を冷静に見ていると、重症者や死者は全然少ないのに、たくさんの人が過剰に反応しているように感じる部分も多いんですね。

多分、コロ助騒動が始まったばかりの頃だったら、あまりにも未知の脅威に、もしかしたら数か月で道端にゴロゴロ死体が転がっているような、世紀末的未来を想像して恐怖を感じていた部分もあったような気がしますが

じゃぁ、実際蓋を開けてみたら?

いつかNYやヨーロッパのようになるのでは?と言い続けられて、ずっと恐る恐る日々を過ごしていたけれど、どうやら今のところそうはなっていないようだ。

それが、今目の前に起こっている実際の現実です。

もちろん、その状況が今後どうなるかわからないからこそ、不安が大きくなってしまい、その不安に自分自身で振り回されてしまうということはあるのだと思います。

”わからない”ということが、実は一番怖いことだとも思うので。(心配性の人の不安を煽りやすい)

そう、「怖れ」とか「不安」って、まさにチャックスペザーノ博士のセルフセラピーカードの「怖れ」のイラストのイメージなんですよね。

こんなやつ

実際に目の前にあるものではなく、拡大された影に怯えている状況。

どんな不安も、実は全て元々私たちの中にあったものが、拡大されて見えているだけなんですね。

外側で起こることは、やはり全てそれ(自分の内側にあるもの)を気付かせてくれる”きっかけ”に過ぎないのだなぁ、ということを感じる今日この頃です。

ということは、やはり自分の中を変えなくては、外側に見えるものは変わらない。だって、全ては”自分”というフィルターを通して見ている、その人だけの世界だから。

起こっている出来事は、確かに存在しているのだとは思います。コロ助というウイルスが実在するのか、そうでないのかは目に見えないのでわからないけれど、何かしらの原因で体調を崩している人がたくさんいるのは事実です。

でも、その外側の出来事を見て、過剰に自分を怖がらせたり、不安にさせたりするようなことはしなくていいのかもしれませんよね^^

ましてや、その不安な気持ちを外側の何かのせいにして、その対象を攻撃したりしたって何も変わりませんしね。(でも、社会的なパニックが起こると、そういうことが頻発してしまうものなのですが…。)

今目の前のことを着実にしながら、日々健やかに過ごしていくこと。結局、私たちにできることはそれだけなんじゃないかなと思うスタンスは、最初から変わっていません。

過剰に怖れすぎず、かといって気を抜きすぎることなく、最低限の感染症予防ということはしながら、これまでの生活を取り戻していけるといいなぁと思う私です^^

ということで、「コロナ禍で不安を感じている人のために」というテーマで始まったリレーブログも、とうとう最後の三巡目になりました!!!

不安をお持ちの皆さんへ、今だからこそのメッセージ
予想もつかない事態で不安を抱えていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。気持ちが明るくなれない日々を過ごしている皆さんの心にほっとできる時間をお届けできるように。何か心に染みる言葉のお薬を届けられるように。

今回のテーマは「なぜ私がカウンセラーを目指したのか?」

久しぶりの個人セッション募集をしたら、即日満席!という驚異の人気ぶりを誇るトップバッターのおまみーぬカウンセラーから渡されたタスキ。

なぜか数日全く筆が進まず、頭を悶々とさせながら過ごしていましたが、とりあえず長い前置きを書いて、エンジンを温めてみました。(笑)

なんで書けないのかなぁ?と思ったんですが、大して壮大なストーリーを持ち合わせていないからかもしれません。(笑)

流れ着いて、気付いたらここに来たみたいなイメージ?

色々と振り返ってみれば、元々私は「自分のやりたいことを仕事にしたい」という欲求が強い人間だったんですね。

大学卒業時が就職氷河期だったこともあって、全然ガッツリ就職活動とかはしなかったんですけど

なんとなく、OLにはなりたくないという頑固なこだわりがあったのと、就職して仕事という長い時間を過ごすことになるならば、なるべく自分の好きなことに結びついたことをやりたいという気持ちがあり

その当時、自分の中でブームだった”料理”や”お菓子作り”を学べる仕事がしたいと思い、地元のカフェでアルバイトを始めたりもしました。(ただ、フリーターになっただけとも言う)

その頃は、よく本田健さんの本を読み漁っていて、「自分の好きなことを仕事にして、幸せな小金持ちになる」ことを理想としていたりもしました。(笑)

せっかく一生のうちの長い時間を費やすことになるのだから、自分がやってて楽しい事に関わることがいいなと思っていたんですよね。

自分の好きなことだったら、努力すること自体も楽しめるじゃないですか^^

嫌々やらされることよりも、自分が少しでも好きなことを追求して、その結果知識や経験が身について、誰かに還元できる方が合理的だと思ってたんだと思います。

それに加えて、自分の好きなことの専門性を高めて、その道のスペシャリストになりたい!という職人願望的な気持ちもずっとあったように思います。

自分にとっての”天職”のようなものを探し続けてきた、とも言えるかもしれません。

とはいえ、私の興味対象は簡単に移り変わるので、あっちこっちと浮気をしながら色々なことをやってきたように思うのですが、どれもこれも極めるところには辿り着かないわけです。(つまるところ飽きっぽい。)

ただ、常に根底にあったのは「どう生きるべきか?」とか「幸せとは何なのか?」といった哲学的なテーマだったように思います。

10代後半から30代前半まで、ずっと生き辛い自分を抱えながら生きてきて、そんな自分を癒そうとする試行錯誤の中で、「人生」や「幸せ」や「生きる意味」などを学んできました。

その試行錯誤の中で、色々な人にあって、色々なセラピーを受けて、色々な話を聞いてきました。

そうするうちに、世の中のたくさんの本に書かれているように、世界は「自分の心が映し出したもの」であることを、経験として体感するようになっていったんですね。

そして、段々と自分が癒されていくうちに、私も同じように誰かの心をサポートできたらいいなぁと思うようになったんでしょうね、多分。

自分が好きなこと、興味のあることで、人の役にも立つこと。

その掛け算の答えが、私にとっては「カウンセラー」だったのかなぁ、と。

結果論だし、今回のブログのためのこじつけかもしれないけれど。(笑)

ただ、先日受けたリン・ロビンソンさんのセッションの中でもお話があったように

「人生の目的や天職というのは、特定の職業という形でもたらされるわけではなく、カテゴリーで示されるもの」

なのだそうです。

私にとっての適正が、「人を育てたり、親切にしたり、理解しようとしたり、元気づけたり、モチベーションを高めたりする」ことにあるならば、それはきっと「カウンセラー」という形でなくても良いんだと思うんですね^^

色々と学ぶことが好きだから、その学んだことをブログでシェアするのもいいわけだし、元気づけたり勇気づけたりするなら、普段の会話の中でもいくらだってできる。

それをどう自分のビジネスとしていくのかは、また別の問題になるのでしょうけど、今の自分としてできることを、日々、一歩ずつ、コツコツとやっていければいいなぁと思っています。

それを、私の生き様、在り方にしたいのです^^

結論、私がカウンセラーになろうと思った理由というのは

自分が好きなこと、興味のあることで、人の役にも立つことを掛け算した結果のひとつ

ということになりますでしょうか?

答えになってるかな?

ということで

「心がすべてである。あなたはあなたの考えたとおりになる」

というブッダの言葉をモットーにしてます、サトヒの個人セッション「真夏のカウンセリングナイト!」、残り2枠となっております~!

ピンと来たり、ご縁を感じた方は是非是非お申し込みくださいませ♪(リレーブログですら、師匠譲りの壮大なステマにする大胆なサトヒ)

そんな強引な流れで、このリレーブログのタスキを次のカウンセラーに渡したいと思います^^

セクシャリティ番長?として大活躍中の黒江香カウンセラー、どんなきっかけでカウンセラーを志していったのか、私も気になる~。

ではまた!

直接話すのが苦手な方は、メールカウンセリングがオススメです!あなただけのスペシャルな回答をお届けします。

メールカウンセリングの詳細はこちらから

自分の気持ちを見失いやすい心優しいあなたが、自分軸をしっかりと立て直し、自由に幸せに、自分らしく生きるためのお手伝いをしています。

カウンセリングメニューはこちらから

根本裕幸大先生の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、あなたの相談にお答えします!

ココロノマルシェはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました